マッチョは先端コンテンツである?

IMG_8796

東京ビッグサイトで開催されていた
第1回先端コンテンツ展、行ってきました!

興味深かったブースをご紹介。


 

1.MakerBot さん 公式サイト
ブースでは、3Dプリンターがフル稼働。
image

初期は白や黒しかなかった、フィラメント。
いまではこんなにたくさんの色がでています。
image

色だけでなく、さまざまな素材のフィラメントが、
気軽に利用できるようになったら、もっと可能性がひろがりますよね!


 

2.ミクさんの本家、クリプトン・フューチャー・メディアさん 公式サイト
なんと可憐なミクさんを意のままに踊らせられるコンテンツが!
image

このMIDIインターフェースのスイッチをポチっと押すと・・・
image

3DCGミクさんのダンスモーションや感情のフェイスモーションを
リアルタイムで制御できます。
楽しすぎて、ひとりで5分もさわってしまいましたw
image


いちばんおもしろい!と感じた
3.しのびやさん 公式サイト
VR手裏剣シューティングアクションゲーム「HANZO」
image

OculusLiftを装着し、手裏剣型コントローラーで遊びます。
image

迫り来る敵を手裏剣で撃破!
手裏剣残数がなくなったら、モーションで手裏剣リロード!
世界観もつくりこまれていて、とても楽しめるゲームでした。

この夏、こちらのゲームを、大阪市天保山マーケットプレースにて、
アトラクションとして展示するとのこと!
関西の方はぜひ体験しにいってみてください。
公式サイト
http://gigaplus.makeshop.jp/shinobiya/company/vr-hanzo.html


会期中SNSで話題になっていた
東京電気大学さん「音響樽」 公式サイト
体験できなかった。残念。
あまりの盛況のため、整理券配布が早い時間で終わっていましたw

 


番外編
マッチョという切り口でアイドルの最先端をいく彼ら。
image
みずからの肉体をコンテンツ化するとは…
(撮影で囲まれたとき、ものすごく暑かったw)
マッチョ29さんの今後の活躍に期待です。
公式サイト


第1回先端コンテンツ展。
昨今話題のHMD(ヘッドマウントディスプレイ)は、
シュミレートコンテンツがおおく見受けられました。
来年には、より幅広い用途向けのHMDコンテンツがふえるんじゃないかな〜と
いまからたのしみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です